Picasa Web Albumの写真情報取得CGI版(更に改良版)

またまた「Picasa Web Albumの写真情報取得CGI版」です。(しつこい)

このネタはもう何回もやってるし、githubには常に最新版を置いているのでもう記事にすることはないと思っていたのですが、
今週末もこれいじっててネタが見つからなかったので、更新状況を載せてみようと思います。
平日は仕事で自宅のPCをいじる時間はないので期間はかかってしまいますが、今回作ったものみたいに
まずは簡易的な仕組みでプロトタイプ作って、試してみて、アーキテクトを検討して、物作って、機能を追加していく。
という一連の流れで作ってきましたが、やはりPythonは使いやすいなと思いました。
今回はフレームワークを使わずに完全に自由にコーディングしてきたわけです。
今は仕事ではC#を使っているのですが、昨今では何でもかんでもフレームワークを使うことがあたり前のようになっています。
フレームワークには良い所もありますが、決まり(ルール)も多くあり、コーディングを楽しんでいるか?と疑問に思うこともあります。
と、無駄な話はここまでにして、、以下改良した内容です。

 

改良した点、

その1:リスト形式での表示(今までどおり)

PicasaPython002

その2:画像のみ表示

PicasaPython001

その3:lightboxに文字情報を表示
PicasaPython003 PicasaPython004

その4:更新ボタンを設置
PicasaPython005
最新版ソース
https://github.com/brokendish/PicasaWebAlbumExif_Python_CGI

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です