UbuntuからVirtualBoxでWindows7を使ってみる

VirtualBoxでWindows7を使うのってありだと思う。と言っても、動画処理をあれこれやりたいとかには向いてないと思うけど、VisualStudioを使うとか、Excel等のOffice製品使うのとかは全然可能だと思う。

下記に掲載している動画の一部ではVirtualBox上のWinでVisualStudioを使ってC#でアプリケーションを作ってみたけど、動作的には早くはないけど遅くもない、いけてはないけど、いけてなくない。感じだった。

僕は定期的にUbuntu自体をクリーンインストールしているけど、VirtualBoxのディスクイメージさえバックアップしていれば再インストールしてもディスクイメージを戻してあげれば今ままで通り問題なく使える。

 

ここででは、VirtualBoxのインストール方法は掲載しなけど、
興味がある方は、下記を参照してください。

https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Application/Accessory/Virtualbox

「VirtualBox(Non Free版)」がいいと思います。

Ubuntuソフトウエアセンターからインストールすると

VirtualBox Open Source Edition(OSE)になるので、USBとか使えないよ。

 

さて、動画を載せようかと思うけど、
僕のUbuntuには動画をキャプチャするソフトをインストールしてなかったので
「recordMyDesktop」をインストールする。

そんで、recordMyDesktopを使って、デスクトップの動画キャプチャを取ってみる。

この「recordMyDesktop」は画面上の選択肢た範囲や、特定のウインドウを選択してキャプチャを取得してくれる。
出力ファイルは「Ogg」ファイルだけど、そのままYoutubeにアップロードすることができるので特に面倒な作業は無い。

 

まずはインストールするよ!
Ubuntuソフトウエアセンターにあるのでインストールはらくちん。

キャプチャしてみる。
画面の範囲を選択する。

エンコードする。

サンプルでYoutubeにアップロードしたキャプチャ
「UbuntuからVirtualBoxでWindows7を使ってみる。。」

YouTube Preview Image
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です