UbuntuとeclipseでStruts2の開発環境を作る(その1)

UbuntuとeclipseでStruts2の開発環境を構築してみる(その1)では、Ubuntuにeclipseをインストールして、Tomcatと連携させるまでを掲載する。
※ここでの設定はVPS側ではなく、自宅Ubuntuの設定だよ。

Ubuntuには「ソフトウエアセンター」というとても便利なものがあるんだけど、ここでの設定は「ソフトウエアセンター」を使わないでインストールしてく。
何故かというと、「ソフトウエアセンター」から「eclipse」や「Tomcat」をインストールすると、通常のディレクトリ構成とは違ってくるので管理がとても面倒だから・・

 

前提条件:

  • Ubuntu 11.04 (Natty Narwhal) での環境構築
  • sun-java6-jdkがインストールされていること(apt-get install sun-java6-jdkしたもの)
  • Ubuntuソフトウエアセンターからインストールしたもの(eclipse(Galileo))は使わない
  • Tomcatもソフトウエアセンターからインストールしたもの(Tomcat6)は使わない。Eclipse用に別途インストールする。

やること:

  • eclipse(indigo)のインストール
  • 日本語化プラグイン pleiadesのインストールと設定
  • Tomcat7のインストール
  • SVNプラグインのインストール

・sun-java6-jdkの確認

java -version
 
java version "1.6.0_22"
OpenJDK Runtime Environment (IcedTea6 1.10.2) (6b22-1.10.2-0ubuntu1~11.04.1)
OpenJDK Server VM (build 20.0-b11, mixed mode)

OpenJDKになっていたら一応以下でsunのJavaに変更する

sudo update-alternatives --config java
 
alternative java (/usr/bin/java を提供) には 2 個の選択肢があります。
 
選択肢    パス                                    優先度  状態
------------------------------------------------------------
* 0            /usr/lib/jvm/java-6-openjdk/jre/bin/java   1061      自動モード
1            /usr/lib/jvm/java-6-openjdk/jre/bin/java   1061      手動モード
2            /usr/lib/jvm/java-6-sun/jre/bin/java       63        手動モード
 
現在の選択 [*] を保持するには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください: 2
update-alternatives: /usr/bin/java (java) を提供するために 手動モード で /usr/lib/jvm/java-6-sun/jre/bin/java を使います。

もう一回確認

java -version
 
java version "1.6.0_24"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_24-b07)
Java HotSpot(TM) Server VM (build 19.1-b02, mixed mode)

・eclipseのインストール

まずは、インストール先のディレクトリを作成する。

mkdir -p /home/hoge/eclipse
 
作成したディテクトりに移動
cd /home/hoge/eclipse

下記からeclipseをダウンロードする
http://www.eclipse.org/downloads/download.php?file=/technology/epp/downloads/release/indigo/R/eclipse-jee-indigo-linux-gtk.tar.gz

ダウンロードした「eclipse-jee-indigo-linux-gtk.tar.gz」を/home/hoge/eclipseに移動させる

解凍する

tar zxfv eclipse-jee-indigo-linux-gtk.tar.gz

ディレクトリ名の変更
「eclipse」ディレクトリが作成されるので「eclipse_indigo」に名前を変更する

mv eclipse eclipse_indigo

不要ファイルを削除する

rm eclipse-jee-indigo-linux-gtk.tar.gz

・日本語化プラグイン pleiadesのインストールと設定

pleiadesを以下の場所からをダウンロードしてくる
http://mergedoc.sourceforge.jp/

ダウンロードした「Pleiades.zip」を解凍し、plugins、featuresを配置する

unzip pleiades.zip -d /home/hoge/eclipse/eclipse_indigo

pleiadesを読み込ませるため設定ファイルを編集する

vi ~/eclipse/eclipse_indigo/eclipse.ini
 
pleiadesのスプラシュ画面に変更するので2行をコメントアウト(べつにこの2行は修正しなくてもよい)
#-showsplash
#org.eclipse.platform
#下1行を追加
-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

pleiadesのスプラシュ画面はこんな感じ

 

・eclipseのtomcatプラグインをインストール

プラグインフォルダに移動しておく

cd ~/eclipse/eclipse_indigo/plugins

tomcatPluginV33.zipをダウンロード

wget http://www.eclipsetotale.com/tomcatPlugin/tomcatPluginV33.zip

めも:「tomcatPluginV33」Works with Eclipse 3.1, 3.2, 3.3, 3.4, 3.5 and 3.6 Add Tomcat 7 support

解凍する

unzip tomcatPluginV33.zip
 
いらないファイルを削除
rm tomcatPluginV33.zip

・Tomcat7のインストール

Tomcatは「apt-get」や「Ubuntuソフトウエアセンター」からはインストールしない。
ソフトウエアセンターやapt-getでインストールした場合、ディレクトリ構成が通常と異なってしまうのでeclipseがうまく読み込めないらしい。

まずは、インストール先のディレクトリを作成する。

mkdir -p /home/hoge/Tomcat
 
作成したディテクトりに移動
cd /home/hoge/Tomcat

下記のコマンドでToncatをダウンロードする

wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache/tomcat/tomcat-7/v7.0.16/bin/apache-tomcat-7.0.16.tar.gz

ターボールを解凍する

tar zxfv apache-tomcat-7.0.16.tar.gz

確認する

ls -la
drwxr-xr-x   3 hoge hoge    4096 2011-07-01 21:05 ./
drwxr-xr-x 117 hoge hoge    4096 2011-07-01 21:02 ../
drwxr-xr-x   9 hoge hoge    4096 2011-07-01 21:05 apache-tomcat-7.0.16/
-rw-r--r--   1 hoge hoge 7237506 2011-06-11 18:36 apache-tomcat-7.0.16.tar.gz
hoge@brokendish:~/Tomcat$
 
いらないファイルを削除
rm apache-tomcat-7.0.16.tar.gz

・eclipseからtomcatを使うための設定

eclipseを起動

ウインドウ(W)>設定(P)

「Tomcat」を以下のように設定する
>バージョン7x
>Tomcatホーム:Tomcatインストール先のディレクトリ
>コンテキスト・ファイル

・eclipseからtomcatを起動

http://localhost:8080/にアクセスしてみる

・SVNをインストール
ヘルプ(H)>新しいソフトウエアのインストール

・SVNをインストール(続き)

eclipse再起動されると「SVNコネクターのインストール」画面が出てくるので、SVNのバージョンに合ったものを選択する。

VPS側で「subversion(SVN)でバージョン管理」でSVN環境は構築しているので、VPSに行ってバージョンを確認してみる

 

aptitude show subversion
-------------------------------
パッケージ: subversion
状態: インストール済み
自動的にインストールされた: no
バージョン: 1.5.1dfsg1-7
優先度: 任意
-------------------------------

試しにチェックアウトしてみる

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です