さくらインターネットのBASE Storageで遊んでみた(Ubuntu)

さくらインターネットのBASE Storageですが、今月(3月)中は無料で使えるようなので少し遊んでみた。
BASE StrageはAmazon S3(Simple Storage Service)と同じようなインターネット用のストレージサービスです。
インターネット用のストレージサービスには誰でも気軽に使えるDropBox、GoogleDrive等がありますが、
Amazon S3やBASE Storageは、どちらかというとPCやスマホからアップロードや参照するよりもバックグラウンドで利用するストレージになります。
BASE Storageの利用料金は今の所未定のようなので、本格的に試して料金高かったりすると後で面倒くさいことになりそうなので
後処理を気にしなくてもいいように気軽にお試ししてみようかと思います。

範囲を選択_009

BASE Storage

http://storage.sakura.ad.jp/

 

ここで試してみるのは下記のようになります

・何らかの方法で「BASE Storage」にファイルをアップロードする
・アップロードしたファイルをブラウザーから見る
それだけです。
●まずは何らかの方法でファイルをアップロードするためにクライアントを用意する
BASE StorageはS3と互換性があるようなので、S3を扱えるクライアントを用意する

CrossFTP
http://www.crossftp.com/index.htm
Windows、Mac、Linuxに対応している

Ubuntuの場合はUbuntuソフトウェアセンターからインストール可能

Site Manager_017

 

 

●BASE Storageを一時的にパブリック参照可能な状態にする

範囲を選択_010 範囲を選択_013
●適当なファイルをアップロードする
画像ファイル
適当なindex.htmlファイルをアップロード

index.html (~-デスクトップ) - gedit_016

CrossFTP_012
●ブラウザーから参照してみる

範囲を選択_015

範囲を選択_014

https://brokendish.b.storage.sakura.ad.jp/index.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です