Box(オンラインストレージ)をUbuntuにWebDavマウント(ビミョー)

前にBox(オンラインストレージ)に登録していたのに使ってないのを思い出したので、どう使おうかを調べていたらね、WebDavが使えるらしいのです!、知らなかったし、しかもBoxにはiPhoneアプリ、iPadアプリも揃っているしWebDavが使えるのであれば有効活用するしかないでしょう!

が・・・、非常に残念なことに、Linuxからはファイル、フォルダ名に「日本語名」があるものは使えないようです・・・・※1のような状態になります。
ブラウザからアップロードした場合、やiOSアプリから追加した場合は問題ないのだけど・・

 

※1
Nautilus(ノーチラス)でファイルを作成
・先頭文字が日本語のファイル名→日本語が削除される
・途中の文字が日本語ファイル名→読書OK!
・既にに置かれている日本語ファイル名→読書OK!

既にあるファイルを編集
・先頭文字が日本語のファイル名→保存するときにエラー

 

何とか使えないかと以下を試してみた

①Nautilus(ノーチラス)で「サーバーへ接続(S)」の場合
②davfs2でマウントする場合
③boxfsでマウントする場合
結果どれも思うようにならなす、実用性はないけどやったことを書いてみます。

 

■Nautilus(ノーチラス)で「サーバーへ接続(S)」の場合
接続方法:WebDAV

 

結果:新規作成出来ないので使えない

 

■davfs2でマウントする場合
接続方法:WebDAV

davfs2をインストール

sudo apt-get install davfs2

sudo chmod u+s /usr/sbin/mount.davfs

 

davfs2 のユーグザループに自分のアカウントを追加。
sudo gpasswd -a hoge davfs2

 

設定ファイルを作成

cd  /home/hoge/

mkdir .davfs2
cd .davfs2
vi davfs2.conf
use_lock 0
server_charset UTF-8

 

パスワードファイルを作成

vi secrets

https://www.box.com/dav username@aa.com usrPwd

 

自分以外見れないし、触れないようにしておく

chmod 600 secrets

 

マウントしてみる

mount -t davfs https://www.box.com/dav/ /home/hoge/box_DAV

 

fstabを編集する

sudo vi /etc/fstab
#box_DAV
https://www.box.com/dav/ /home/hoge/box_DAV davfs user,noauto 0 0

 

マウント方法

mount ~/box_DAV

 

 

■boxfsでマウントする場合

接続方法:BoxAPI
GoogleCodeからソースを取得してインストール

参照
http://code.google.com/p/boxfs/
http://code.google.com/p/boxfs/source/checkout

 

SVNからソースを取得する
svn checkout http://boxfs.googlecode.com/svn/trunk/ boxfs-read-only

 

で、いきなりMakeしてみる
cc -g -c boxfs.c -o boxfs.o
boxfs.c:15:18: 致命的エラー: fuse.h: そのようなファイルやディレクトリはありません
だよね。

 

ちゃんとここを見てみる
http://code.google.com/p/boxfs/wiki/Compiling

 

必要なライブラリをインストール

sudo apt-get install libxml2-dev libfuse-dev libcurl4-gnutls-dev libzip-dev

 

libappをインストールするためにgitから取得する
git clone http://github.com/drotiro/libapp.git

 

libappをインストール
cd libapp
make
sudo make install
sudo ldconfig
make apptest

 

で、boxfsをインストール
cd ..
make
sudo make install
sudo ldconfig
box設定ファイルを作成(新規でファイルを作成)
vi ~/.boxfs_conf
username = username@aa.com
mountpoint = /home/hoge/boxFS
verbose = yes
secure = yes
password = usrPwd
largefiles = yes
uid = 1000
gid = 1000
#fperm = 644
#dperm = 755

 

で、マウント方法
boxfs -f ~/.boxfs_conf
アンマウント方法
fusermount -u ~/boxFS

 

んんーーどれも日本語ファイル名で引っかかって、実用的ではない。

WebDAVの日本語名ファイルで問題があるのだったら、BoxのAPIを使ってやったらいいんじゃないか?
と思って「boxfs」を使ってもダメだった。。
やっぱLinuxユーザがこの手のストレージサービスで手間なく満足に使えるのは今の所「DoropBox」くらいですかね。

でもね、まだ諦めるわけにはいかないので、次回は今の所有効と思われる対応策を書いてみます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です