Ubuntu 12.10 Quantal Quetzal(クワンタル・ケツァール)

Ubuntu 12.10が2012年10月18日に正式リリースされたので、インストールしておこうと思います。今回からはイメージサイズが大きくなったようなのでDVDに焼いてからインストールすることになります。

僕の場合、いつもはハードディスク(パーティション3つに分けている※)を全てフォーマットしてからインストールしているのですが、今回は面倒くさいので、インストール時の設定で「/home」に割り当てているHDDはフォーマットしないでそれ以外はの領域は全てフォーマットしてインストールしました。(アップグレードではなく、クリーンインストールでもないといった感じ)

当たり前な話だけど、「/home」はフォーマットしないで「Ubuntu12.04」で使っていた物をそのまま残すので各種アプリケーションの個人設定も残ることになります。なので、アプリケーションのインストールをすれば、その設定ファイルを見にいくので今までどおりに使えることになります。(Cairo-Dock、Thunderbirdの設定も「Ubuntu12.04」の時と同じ状態で使えるのでらくちん)
パーティション(HDD)の組み合わせてシステムを作れるのはLinuxの良い所だね!!

 

※ハードディスクのパーティション構成

  1. sdb2:/home
  2. sdb4:/var
  3. sdb5:/

上のように3つのパーティションに分けています。
今回のインストールでは、「/」と「/var」に割り当てているパーティションはフォーマットして、「/home」はそのまま使うことにしました。

 

今回はインストールまでとして、後日必要な他のソフトを入れていこうかと思います。

インストール後の様子(Cairo-DockはUbuntuソフトウエアセンターからインストール)

 

 

Ubuntuダウンロード

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です