Ubuntuでgithubを使う

gitの使い方をちょっと勉強してみようかと思い立ったので、
リアルタイムでアクセス拒否するシェル(β版)を作ってみた(Debian)で作成したシェルをgithubのリポジトリに載せてみた。
Javaのソースだといっぱいあって面倒そうなので(今はSVNの管理下にあるし)、とりあえずはシェルの管理でgitの使い方に慣れていこうと思う。

gitのインストール

sudo apt-get install git

あれ、入ってたっぽい(いれたっけな)

githubのユーザ名、メールアドレスを設定
(githubのリポジトリトップに表示されている)

git config --global user.name "user"
git config --global user.email mail.com

sshの設定(鍵を作成する)

ssh-keygen

で出来た「./ssh/id_rsa.pub」の内容を
githubの「SSH Public Keys」に登録する

初期設定その1(バージョン管理対象の資源を準備する)

mkdir -p ~/tool/github/firewall_shell$
cd ~/tool/github/firewall_shell$
cp ~/tool/inotifywait-apache2.sh .

初期設定その2

git init

.git/が作成される

————————————-

touch README

ローカルリポジトリにファイルを追加する

git add README

ローカルリポジトリにコミットする(コメント付き)

git commit -m 'first commit'

リモートリポジトリの登録

git remote add origin git@github.com:brokendish/firewall_shell.git

公開リポジトリに反映する

git push -u origin master

————————————
その他のファイルを追加する
ローカルリポジトリにファイルを追加する

git add inotifywait-apache2.sh

ローカルリポジトリにコミットする(コメント付き)

git commit -m 'first commit'

公開リポジトリに反映する

git push -u origin master

————————————
変更が加わったファイルをローカルリポジトリにコミット(新規分はコミット対象にならない)

git commit -a

公開リポジトリからローカルリポジトリにチェックアウトする

git pull

————————————
ログを表示

git log

————————————
ブラウザから状態を見てみる
https://github.com/brokendish/firewall_shell

https://github.com/brokendish/firewall_shell/blob/master/inotifywait-apache2.sh

ヒストリを見る

差分を確認する

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です