ApacheのBasic認証

Apacheで、サーバ上の特定ディレクトリをパスワード認証する設定を行う。
ユーザ認証にはBasic認証とDigest認証があるけど、ここではBasic認証の設定をするよ。

 

 

 

 

.htaccessを作成して、public_html直下に配置する。
このファイルは、認証を行いたいディレクトリに配置するよ!
ここから先のファイルやディレクトリを見たいときは認証が必要になる。
下の設定例では、「public_html」から先を参照するためには認証が必要になるということだよ。

vi /home/hoge/public_html/.htaccess
 
AuthUserFile /home/hoge/public_html/.htpasswd
AuthGroupFile /dev/null
AuthName "hogehoge.org Server"
AuthType Basic
Require valid-user

説明:
AuthUserFile :認証に使用するユーザとパスワードの一覧が格納されているファイル

AuthGroupFile :認証に使用するユーザグループの一覧が格納されているファイル

AuthName :認証ダイアログに表示されるコメント

AuthType :ユーザ認証の種類

  • Basic パスワードが暗号化されない
  • Digest パスワードが暗号化される

Require:どの認証済みユーザがリソースをアクセスできるかを選択する

  • Require valid-user 全ての認証されたユーザに、ディレクトリへのアクセスを許可
  • Require group group-name [group-name] …指定されたグループに属するユーザのみ、ディレクトリへのアクセスを許可
  • Require user userid [userid] …指定されたユーザのみ、ディレクトリへのアクセスを許可

 

ユーザ認証用のパスワードファイルを下記のコマンド「htpasswd」で作成する。

例では「public_html」直下に作成しているけど、ここでないほうがいいかも。

「AuthUserFile」で指定したところに作成する。

htpasswd -c /home/hoge/public_html/.htpasswd ユーザ名
New password:
Re-type new password:
Adding password for user ユーザ名
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です