副室加圧式アルコールストーブを自作してみた

しばらくハマっていたので、自作「副室加圧式アルコールストーブ」を紹介してみす。
アルコールストーブとは、その名の通りアルコールを燃料に使ったコンロです。
自作するために必要な材料は、空き缶2つ、燃料はアルコール。燃料費は約300〜400円でドラッグストアで売ってる、材料費はタダ。
これだけで安定した炎を一定期間供給出来るので、災害時や、アウトドアでお湯を沸かしたり、お米を炊いたり出来ます。
しかも比較的簡単に作れるので、必要に応じて野外で作ることも可能と思います。
ただ、燃料のアルコールに直接火をつけて燃焼させるため、コストパフォーマンスはよくありませんが、携帯性は良いですし、メンテも不要なのでお手軽です。

今は夏なんで、使うこともないけど、アウトドアライフにアルコールストーブでお湯沸かしてコーヒとかいいんじゃないでしょうか。

Banner01.rotated.rotated

Wiki(アルコールストーブ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%96

アルコールストーブの製品としては「トランギア アルコールバーナ」があります。
http://www.iwatani-primus.co.jp/products/trangia/29.html

 

作るのに最低限必要な物
・空き缶2つ(アルミ缶)
・カッターの刃、又は切れなくなってもいいハサミ
・1〜2ミリくらいの穴を開けられるもの(ガビョウ、キリ、ピンバイス等)

 

作成方法は以下のサイトを参考にさせていただきました

http://pclv9161.blog84.fc2.com/blog-entry-37.html

 

まずは初号機。

そこら辺にある道具、「カッターの刃」「キリ(穴開けるやつ)」だけで作っもの。

Banner02.rotated

 

意外にも良い炎を見せてくれたのでもっと綺麗に作ってみたくなりました。

使った道具、「カッターの刃」「ピンバイス(穴開けるやつ)」「ヤスリ各種」
Banner03.rotated

 

燃焼時間を長くするために大きめに作る

Banner06.rotated Banner04.rotated Banner05.rotated

実際に燃焼させてみる

着火時(青い炎がメラメラしてる)

 

Banner07.rotated Banner08.rotated

 

 

プレヒートして副室の圧力が上がってきた所(ジェット口から炎が出てくる)

Banner09.rotated Banner10.rotated

 

本燃焼(音もなく静かに燃焼)

Banner12.rotated Banner11.rotated Banner13.rotated

 

消す時

フーフしてもロウソクみたいには消えないので酸欠状態にして消す(これも余りのアルミ缶で作る)

Banner14.rotated

 

燃焼のアルコール

Banner17.rotated

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です