デジタルカメラとEye-Fiカードとスマホ連携が超便利すぎるっ!

最近は身近にあるスマホで写真を撮ることが多くてデジカメを使う機会が少なくなってきた感がありますが、デジカメでEye-Fiカードを使ってみて超便利だったので紹介してみます。

Eye-FiカードはWi-Fi(無線LAN)が内蔵されたSDメモリーカードで、(普通のSDカードとしても使うことが可能)Eye-Fiに対応しているカメラであれば撮影した画像がEye-Fiカードに内蔵されているWi-Fiから、スマートフォン又はタブレット及び、Webサービスに自動的に転送することが出来るのです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

僕の場合、今まではデジカメで撮った写真は以下のような運用になっていました
①写真を撮る
②時間のある時にカメラからSDカードを抜くか、カメラをそのままPCに繋いで画像を取込む
③写真を整理する。。iPhoneで撮った写真+デジカメから取込んだ写真を手動で・・ゴニョゴニョする。これが、面倒くさいし、時間がかかる・・

 

Eye-Fiカードにしてから

①写真を撮る
②スマートフォン又はタブレットに自動的に写真が転送される
③予め登録しておいたWebサービスにも写真が転送される
④写真を整理する。。デジカメで撮った写真もiPhoneのフォトストリームに入るのでiPhoneをPCに繋ぐだけでデジカメ+iPhoneの写真を勝手に取込んでくれる

 

 

デジカメとスマートフォンを連携した主な使い方

屋内編(無線LANのアクセスポイントがある場合)

①写真を撮る
②iPhoneのアプリを起動する。すぐに写真がiPhoneに転送される
③iOSのフォトストリームでiPadからも写真を確認することが出来る
④Webサービス上にも同時に転送されるのでPCのディスプレイでもすぐに確認出来る

※Eye-Fi→自宅の無線LAN→iPhoneの経由で写真が転送される

IMG_1709 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

撮影してすぐに大きい画面で確認できるし、SDカードの抜き差しをしなくてもいいのでとても便利

 

屋外編(無線LANのアクセスポイントがない場合にその場でiPhoneに転送する)

①写真を撮る
②iPhoneの無線LAN設定で予め登録したEye-Fiに繋ぐ
③iPhoneのアプリを起動する。すぐに写真がiPhoneに転送される

※iPhoneとEye-Fiカードを直接接続することが可能

 

屋外編(その場でiPhoneに転送しない)

①写真を撮る
②自宅に帰ってデジカメの電源をONにするか、何らかの形でEye-Fiカードに通電(PCのスロットに差すとか)すると転送されていない写真は上記「屋内編」と同じ要領で転送される。

 

Eye-Fiを使うまでの設定等は下記を参照

(Eye-Fiの設定にはWindowsかMacが必要です。Linuxでは設定出来ない様子(あたりまえか・・・))
http://eyefi.co.jp/support/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です